タイトルタイトル

科目名
国際科学コミュニケーション法特論  
講義題目
   
責任教員(所属)
豊田 和弘 ( 大学院地球環境科学研究院 )  
担当教員(所属)
GREVE RALF GUNTHER ( 低温科学研究所 )
RAM AVTAR ( 大学院地球環境科学研究院 )
豊田 和弘 ( 大学院地球環境科学研究院 )
 
科目種別 環境科学院専門科目 他学部履修等の可否
開講年度 2020  期間 2学期 時間割番号 045038 
授業形態 講義 単位数 2  対象年次 12 
対象学科・クラス   補足事項 環境起学専攻開講科目 
ナンバリングコード ENV_ESD 6341 
大分類コード 大分類名称
ENV_ESD  環境科学院(環境起学専攻)
レベルコード レベル
6  大学院(修士・専門職)専門科目(発展的な内容の科目、研究指導科目)
中分類コード 中分類名称
3  特論
小分類コード 小分類名称
4  国際環境保全
言語
英語で行う授業
実務経験のある教員等による授業科目
 

キーワード         
科学英語、英文作成、英語での研究発表、英語での議論
Scientific English, writing, presentation, discussion

授業の目標         
国際環境におけるさまざまな種類のコミュニケーション方法の概要を説明し、議論し、訓練します。レポートの作成、プレゼンテーション、科学的問題の議論が焦点です。学生は英語のさまざまな科学分野で国際的なコミュニケーションを楽しむことができます。

Science communication is a contentious topic that covers a wide spectrum of issues. This course is designed for graduate students to provide an overview of different kinds of communication methods in an international environment. Writing reports, giving presentations and discussing scientific issues are the focus of this course. Students will enjoy international communication across various scientific disciplines in English.

到達目標         
国際的な科学環境でコミュニケーションするための基本的なスキルを習得する。科学的な報告書を書き、プレゼンテーションを行い、英語で科学的な問題について議論できるようになる。

Obtaining the basic skills for communicating in an international, scientific environment. Becoming capable of writing a scientific report, giving a presentation and discussing scientific issues in English. It will also develop a sophisticated understanding of the role of communication in science.

授業計画         
1.発表:会議での口頭発表など、科学的な発表に関する重要なポイントを学びます。グループワークで短いプレゼンテーションを準備し、クラスでプレゼンテーションを行います。日本人と留学生の間のコミュニケーションは、混合グループでの作業を通じて促進されます。 (7クラス; 10月から11月)

2.議論と議論:インタラクティブなコミュニケーションと1対1のディスカッションに関連する基本的な問題を学びます。効果的な議論に必要なスキルを学びます。即興のスピーチと討論が含まれる場合があります。 (4クラス、12月)

3.執筆:論文、論文、研究計画などの科学報告の基本構造を学びます。重要なコンテンツの効果的な配信を検討し、優れた構成に向けたステップを学びます。演習として、コース中に短いレポートを作成します。 (4クラス、1月)
1. Presenting: Learn essential points on scientific presentations, such as oral presentations at meetings. Prepare a short presentation in group work and deliver the presentation in the class. Communication between Japanese and international students is encouraged through work in mixed groups. (7 classes; Oct.-Nov.)

2. Discussing and debating: Learn fundamental issues related to interactive communication and one-on-one discussion. Learn skills necessary for effective discussion. Impromptu speech and debate may be included. (4 classes; Nov.–Dec.)

3. Writing: Learn the basic structure of scientific reports such as theses, papers and study plans. Consider an effective delivery of important contents, and learn the steps towards good composition. As an exercise, prepare a short report during the course. (4 classes; Jan.)

準備学習(予習・復習)等の内容と分量         
あなたは英会話を理解することになっています。ライティングの部分に関しては、環境科学の日本人学生は夏学期に「環境科学のアカデミック英語ライティングに関する特別講義」を受講することも推奨されますが、必須ではありません。

You are supposed to understand English conversation. As for the writing part, Japanese students in Environmental Science are recommended to take also the “Special Lecture on Academic English Writing in Environmental Sciences” in the summer semester, but it is not mandatory.

成績評価の基準と方法         
参加態度(50%)、研究の進捗状況または計画の記述演習のレポートとグループディスカッション(25%)、科学問題に関するプレゼンテーション演習とグループディスカッション(25%)
Participation attitude (50%), report and group discussion of writing exercise of research progress or plan (25%), presentation exercise and group discussion on scientific issues (25%)

有する実務経験と授業への活用         

他学部履修の条件         

テキスト・教科書         


講義指定図書         


参照ホームページ         




研究室のホームページ         

備考         
 

更新日時         
2020/02/22 15:50:52

タイトル