タイトルタイトル

科目名
地球雪氷学基礎論  
講義題目
   
責任教員(所属)
渡辺 力 ( 低温科学研究所 )  
担当教員(所属)
石井 吉之 ( 低温科学研究所 )
白岩 孝行 ( 低温科学研究所附属環オホーツク観測研究センター )
曽根 敏雄 ( 低温科学研究所 )
豊田 威信 ( 低温科学研究所 )
三寺 史夫 ( 低温科学研究所附属環オホーツク観測研究センター )
GREVE RALF GUNTHER ( 低温科学研究所 )
的場 澄人 ( 低温科学研究所附属環オホーツク観測研究センター )
杉山 慎 ( 低温科学研究所 )
石川 守 ( 大学院地球環境科学研究院 )
下山 宏 ( 低温科学研究所 )
PODOLSKIY EVGENY ( 北極域研究センター )
渡辺 力 ( 低温科学研究所 )
飯塚 芳徳 ( 低温科学研究所 )
 
科目種別 環境科学院専門科目 他学部履修等の可否
開講年度 2020  期間 1学期(春ターム) 時間割番号 045046 
授業形態 講義 単位数 2  対象年次 12 
対象学科・クラス   補足事項 地球圏科学専攻開講科目 
ナンバリングコード ENV_ESS 5102 
大分類コード 大分類名称
ENV_ESS  環境科学院(地球圏科学専攻)
レベルコード レベル
5  大学院(修士・専門職)専門科目(基礎的な内容の科目)、大学院共通授業科目
中分類コード 中分類名称
1  基礎論
小分類コード 小分類名称
0  その他(総合的なもの)
言語
日本語及び英語のバイリンガル授業、受講者決定後に使用言語(日本語又は英語)を決定する授業
実務経験のある教員等による授業科目
 

キーワード         
雪氷・寒冷圏、雪、氷、極地
cryosphere, snow, ice, polar regions

授業の目標         
雪氷・寒冷圏科学入門。大気から陸面を経て海洋に至るまでの「雪の一生」を,雪氷が関与した興味深い様々な自然現象を紹介しながら,初学者にも分かりやすく解説を行う。
A short course of cryosphere science. Briefly introduce the life of snow and selected research topics relating to snow and ice.

到達目標         
さまざまな雪氷現象の特徴や、雪氷圏が地球環境に果たす役割を理解する。
To understand the characteristics of cryospheric phenomena and the role of cryosphere in environment of the Earth.

授業計画         
下記の項目に関連する15回の講義をオムニバス方式で行う。
1. 寒冷圏の科学
2. 雪氷圏と気候システム
3. 降雪・積雪の物理
4. 氷河氷床
5. アイスコア科学
6. 周氷河環境
7. 海氷と海洋環境
Omnibus-style 15 lectures on the following topics:
1. Cold-region science
2. Cryosphere and climate system
3. Physics of precipitation and snowpack
4. Glacier and ice sheet
5. Ice-core science
6. Periglacial environment
7. Sea ice and marine environment

準備学習(予習・復習)等の内容と分量         
講義中に配布された資料や各自のノート等に基いて復習し、不明な点は各講師に質問するなどして理解を深める。
Review handouts and notes

成績評価の基準と方法         
講義への参加態度や各講師ごとに課す小テスト・レポート等を基に評価する。
Quizzes, short reports and participation in class

有する実務経験と授業への活用         

他学部履修の条件         

テキスト・教科書         

授業中に適宜紹介する。

講義指定図書         


参照ホームページ         

研究室のホームページ         
http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/
https://sites.google.com/site/courseincryosphere/home

備考         

更新日時         
2020/02/12 13:02:37

タイトル